HOME > WWB ソーラー

WWB ソーラー

wwb

WWB Solar  太陽光発電

ゼロエネルギー住宅から「売電収益住宅」へ

最強ソーラーを低価格でご提供いたします

WWB Solarの太陽電池モジュール「Maxar【マクサ】TM」は国際共通基準に基づいて開発、設計、製造および販売しております。

Maxar TM Photovoltaics Module

これらの製品は、一般一戸建て住宅の太陽光発電システムをはじめ、一般企業様や企業集合住宅、
さらにメガソーラー大型太陽光発電プロジェクトにいたるまで幅広く利用されています。
製品の品質を確保するために、我社は原材料の選択と生産工程の管理に十分な努力を重ね、
太陽電池モジュールの安定性を保持、過酷な気候の中での耐久性を高めました。
それと同時に、すべての太陽発電モジュールは出荷の際に品質テストを再度行い品質を維持しております。
より安定、より高効率、より低コストの太陽電池のモジュールの提供は我社の目標です。

Maxar【マクサ】とは、max.(=maximum 最大)/mass(集まり)/exa(エクサ=10の18乗 T:テラの上の位)の掛け合わせた造語で、限りなく太陽光を集積し最大限の変換率を誇るという意味で表現しています。

最高水準の変換効率 単結晶セル<マクサTM>

変換率の高い『単結晶セル』を採用

単結晶セル

【単結晶セル】
シリコン原子が規則的に配列した単結晶セル
WWBは変換効率の高い、単結晶を採用しております。
  WS60M/72M シリーズ 

多結晶セル

【多結晶セル】
数mm程度の大きさの単結晶が寄り集まり
変換効率が低い多結晶セル。

『低反射ガラス』を採用し、太陽光をより多く取り込みます。

低反射ガラスを採用することで反射する光を抑え、より多くの太陽光を太陽電池モジュールに取り込み出力アップします。

従来品

低反射ガラス

  WS60M/72M シリーズ

 

『タブ3本』+『電極2本』によって、抵抗を大幅に低減し出力アップ。

タブまでの距離を短縮することにより、大幅な抵抗を削減し、出力アップします。

従来品 新規格セル[マクサ]TM

業界最高クラスの高変換率を誇るWWBの太陽光発電システム

Maxar TM Photovoltaics Module

太陽光発電システムの実力は、『変換効率』で決まります。

●外形寸法(mm)/L:1640×W990×50 ●フレーム色/シルバー・ブラック

マクサTM 270シリーズ

マクサTM 270シリーズ

●外形寸法(mm)/L:1640×W990×50 ●フレーム色/シルバー・ブラック

マクサTM 260シリーズ

マクサTM 260シリーズ

●外形寸法(mm)/L:1580×W808×35 ●フレーム色/シルバー・ブラック

マクサTM 200シリーズ

マクサTM 200シリーズ

※1 公称最大出力の数値は、JIS C8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m²、モジュール温度25℃での値です。 
※2 モジュールの変換効率は[モジュール公称最大出力(W)×100]÷[モジュール面積(㎡)×1000(W/㎡)]の計算式から算出しています。
※3 JIS C8961に基づく定格負荷効率。
※4 最大もモジュール変換効率、パワーコンディショナ変換効率より算出した数値です。

4kw 導入を、お考えの方

4kw 導入を、お考えの方

5kw 導入を、お考えの方

5kw 導入を、お考えの方

※ 5 モジュール最大出力ワット数から算出した概算出力数です。

 

【標準価格(材工)の積算ベース】 

既築住宅/在来木造2階建 ・屋根はスレート/屋根勾配は5寸以下 ・設置面は1面設置(スレート架台使用) ・設置Kw数は3Kw・4Kw程度 ・標準施工費には、現場下見・工事打合及びパネル設置工事費、標準電気工事費、  売電メーター設置費用、関電申請費用、系統連携立会等を含みます。 備考:スリムダクト・地中埋設・空中配線・売電用計器箱の鉄製使用・既設計器箱の小から大への取替・荷揚げクレーン使用・足場等は別途工事になります。 (現場下見により必要になるケースがあります)