HOME施工事例太陽光発電 >亀岡市 WWBソーラー太陽光発電  

亀岡市 WWBソーラー太陽光発電  

亀岡市 A様邸にて3.12KWの太陽光発電の設置工事をしました。

WWBパネル

 今年の7月から全量買い取り制度(産業用)が始まりその時期に合わせて太陽光事業に参入できる

ように準備をしてきてお客様により良い物をお安く提供できるようにWWBソーラーの導入を決定し

取引代理店契約をし、見積もり・現場調査と重ねてきました。

そして今回、京都府の亀岡市で当社の第一号のお客様の太陽光発電の設置に至りましたのでこれから

パネルの設置工程を紹介して行きたいと思います。

 

     

 

    

      

     

    

 

施工途中

 今回の屋根材が瓦と言う事なのでアンカー

工法という施工方法です。

 アンカーを据え付けるところの墨出しを

したあと、その周りの瓦を捲って行きます。

 

     

       

      

       

      

 

WWB施工途中2

アンカーを設置する金物を取り付けていきます。

 

      

     

      

      

       

 

WWBアンカー

アンカーを取り付けます。この後にレールを乗せる金物を

取り付けます、。

    

    

     

     

    

 

WWB瓦

 割り付けをしてアンカーの来る部分の瓦に

 

をあけておいた瓦をはめていきます。

WWBコーキング

 はめた瓦とアンカーの隙間に水の浸入を防

 

ためのコーキングを充填して行きます。

 

WWB金物

 レールを乗せる金物をセットして行きます。

WWBレール

 レールを乗せました。

この上にいよいよパネルを乗せていきます。

WWBソーラーパネル

 パネル設置完了です。この時点で売電が

 

開始されるわけではありませんが、取り敢えず

 

発電所の建設完了です。

 

関連の施工事例を見る