HOME > Panasonic  HIT太陽光発電

Panasonic  HIT太陽光発電

HIT240/233シリーズ、新発売!

Panasonic HIT240/233シリーズ、新発売!

HIT太陽光電池セルのさらなる最適化により、業界最高水準の発電量(※1)を実現!

パネル/単結晶系ハイブリッド型

暑い日でもしっかり発電

意外にも太陽光発電は通常、太陽電池モジュールの表面温度が高くなりすぎると発電効率が落ちます。

でもHITは優れた温度特性で、幅広い温度範囲で発電量をキープ。高温でもしっかり発電します。

グラフ : 発電電力の1日の変化(夏場晴天時の実測データ)/発電電力の出力比

■ 発電電力の1日の変化(夏場晴天の実測データ)
発電電力の出力比

グラフ : 温度による効率変化/発電電料の出力比

■ 温度による効率変化
発電電力の出力比
【発電電力の1日の変化の試験条件】
神戸市 2002年7月28日 南向き 傾斜30度 ○同じシステム容量にて比較 ○試験実施機関 : パナソニック株式会社
【湿度による効率変化について】
このグラフは25℃の時に発電電力を1.0とした時の出力費の効率変化を表したものです。 ○試験実施機関 : パナソニック株式会社

小さな屋根でもたっぷり発電

パネル : HIT



HITは、面積(㎡あたり)でもシステム容量(kWあたり)でも発電量トップクラス。※1
従来より少ない太陽電池モジュール枚数でたっぷり発電できるため、小さな屋根でも十分な電気を創れます。


太陽電池モジュール枚数を減らせて家への負担を軽減。

パネル : HIT



同じ発電量ならHITは太陽電池モジュール枚数を減らせるため、屋根にかかる重量負担を軽減。
例えば一般的な約3.7kWのシステムなら、154シリーズより約130kgも軽くできます。
屋根が軽くなる分、減震効果も向上します。

ウォータードレインコーナー


汚れが溜まりにくいウォータードレインコーナー。

太陽電池モジュールは、もともと汚れが付きにくい構造。
モジュールのコーナーに汚れが溜まりにくい「ウォータードレインコーナーフレーム」採用で、防汚機能がさらにアップしました。

ハイブリッド構造や精密な光学処理で、優れた発電性能を実現

独自のハイブリッド構造で発電ロスを大幅低減。
太陽光発電は、太陽光が太陽電池内の電子を動かして電流を生み出すしくみ。
HITは、単結晶シリコンに当社独自の「アモルファスシリコン」を採用した「ハイブリッド構造」にすることで、電子のスムーズな動きと発電ロス低減を一挙に実現。発電量トップクラス※1 を達成しました。

HITシリーズ「ハイブリッド」の構造/発電のメカニズム

表面のピラミッド構造と低反射ガラスで光をしっかり吸収。
表面をピラミッド構造にして太陽光の乱反射を低減し、さらに低反射ガラスの採用で光の反射を抑えることで、
より多くの太陽光を太陽電池に取り込み、出力をアップしました。

■ 太陽光を効率よく吸収するピラミッド構造/■ 太陽光の反射を低減する低反射ガラス

[住宅用] 蓄電システム 蓄電容量:0.96kWh パナソニック

住宅用太陽光発電システム用


太陽電池が発電していない時の停電時にも
パワーコンディショナの自立運転コンセントからの電力供給が可能。

これまで、夜間など太陽電池が発電していない時の停電時においては、パワーコンディショナの自立運転コンセントを使用することができませんでした。
そのような時に本システムでは、蓄電池を電源として、パワーコンディショナの自立運転コンセントの使用が可能となります。出力電力は120Wまでで、下記の例のように合計120Wの接続機器を、最大3時間稼動させることが可能です。

電力供給の仕組み

※パナソニック住宅用太陽光発電システムに限ります。ただし、多結晶154シリーズとの併用の場合、基準直列枚数が7枚の時は使用できません。既設の太陽光発電システムへの追加設置はできません。
※系統電源からの充電はできません。

仕様一覧

■ 蓄電システム本体


品番    VBBA210PB

蓄電システム本体 : 品番 VBBA210PB


■ 専用リモコン(付属)

蓄電システム本体 専用リモコン(付属)

【標準価格(材工)の積算ベース】

 既築住宅/在来木造2階建 ・屋根はスレート/屋根勾配は5寸以下 ・設置面は1面設置(スレート架台使用) ・設置Kw数は3Kw・4Kw程度 ・標準施工費には、現場下見・工事打合及びパネル設置工事費、標準電気工事費、売電メーター設置費用、関電申請費用、系統連携立会等を含みます。
備考:スリムダクト・地中埋設・空中配線・売電用計器箱の鉄製使用・既設計器箱の小から大への取替・荷揚げクレーン使用・足場等は別途工事になります。
(現場下見により必要になるケースがあります)